ポジティブな心の状態を作る方法!ポジティブは「土台」から

Pocket
LINEで送る

ポジティブになる方法

ふと気づくと不安に襲われて苦しくなる。
積極的に行動したいけれどやる気が湧いてこない。
人に対して嫌なところばかり目につく自分が嫌だ。

ポジティブに前向きに生きたないぁ。

今回のテーマは「ポジティブになる方法」です。
いつも前向きにいられたら気分良くやりたいことに積極的に進める気がしますよね。
しかし、ポジティブに考えようと思ってもポジティブが持続しなかったり、すぐにネガティブに絡め取られてしまいます。

この記事では、ポジティブや前向きになる方法を紹介していきます。
その場限りの気分の切り替えではなく、毎日のポジティブを作っていく方法です。
ぜひ実践して毎日穏やかな心持ちで人生を楽しんでもらえたらと思います。

1.人の考えることの7割はネガティブ

まず、先に知ってほしいことは、人の考えることのだいたい7割はネガティブだということです。
それは不安や恐れがあった方がリスク管理になり、我々人類が生き残る上で有利に働いたということだと思います。

だから、自分だけがネガティブなわけではなく、みんなネガティブなことを考えているんですよね。
楽しそうなあの人も悩みなんか無さそうなあの人も7割前後の思考はネガティブです。
「自分だけ」と落ち込まないでもらえたらと思います

この記事ではネガティブを今後一度も感じないという状態になるのではなく(不可能です笑)、ネガティブを受け入れながら毎日の気分を圧倒的にポジティブにしていく方法を紹介します。

2.ネガティブに振り回される時

では、ポジティブを作っていく方法を紹介する前に、ポジティブな状況と反対に位置する「ネガティブに振り回されている状態」とは一体どんな状態なのでしょうか。
ネガティブに振り回されずネガティブを受け入れ楽しんでいくために、まずネガティブに振り回されている状態について説明します。

上記の説明の通り我々は普段からネガティブなことを考え感じているわけですが、そのネガティブの多くは少しの時間だけ嫌な気持ちになるけれど、さほど気になる存在ではありません。
すぐに流れて通過していくイメージです。

これが、ネガティブの存在を大きくて深く嫌な気持ちになったり落ち込んでいる状態になるとネガティブに振り回されているということになります。
そして、このネガティブに振り回されている状態になぜなるのかというと自分の心が疲れきっているからです。
体力・気力のパワーが擦り減っている、そんな時はネガティブに振り回されます。
それは私も一緒です。

そして、ネガティブに振り回されているからこそ、ネガティブを捨ててポジティブになろうとするのですが、落ちている気持ちを無理に上げようとすることも自分のパワーを使うことになり、さらなるパワー切れを起こしていきます
逆に、気力・体力ともに充実している時はネガティブなことを感じたとしても、そこからじゃあどうしようと自然と次の考えに思考がシフトしたり放っておくと自然と忘れていたりします。

だから、目の前のポジティブかネガティブかをコントロールするのではなく、いかに自分のパワーがたまっている状態をキープするかということを考えてもらえたらと思います。
そうやって、自分の状態が上がっていればネガティブであることはさほど問題でなく、それほど気になりません。
この状態であることをまず目指してみてください。
具体的な方法は続けて説明していきますね。

3.自分のパワーをすり減らさない方法

3-1.自分責めを辞める

では、具体的にどうしたらパワーが減らさずにいれるのか二つの方法を紹介していきます。

まず一つ目は自分責めを辞めるということです。
自分を責めている状態というのは圧倒的にパワーを使います。
たぶん、これが心身ともに我々を一番疲弊させるものだと思います。

自分の失敗や粗を探して、こんな自分じゃいけないと自分を責める。
それは、成長につながるような気がするかもしれませんが、自分のポジティブさも体力も気力も大きく削っています。
逆に、自分責めを辞めた瞬間にそれだけで世界が見違えるように幸せに感じる姿を私は何百人と見てきました
それほど、自分責めというのは自分のパワーを減らし物の見方さえ歪めてしまうものです。

だから、まず、自然とポジティブになりたいのであれば、自分を責めることをやめてみてください
基本的には「自分を責めなくていい」や「自分を責めることやめる」と決めれば、自分責めは終わります
人の意思決定をする力は大きいですからね。

  • 今まで自分を責めてきたけどもう責めなくてもいいんだ
  • もう自分を責めることはやめてしまおう
  • 何で今まで自分を責めてきたのだろうか

そう思いながら自分責めをやめてみてください。
意外なほどすんなり自分責めを手放すことができます。

そして、もし、これで自分責めをやめられない場合は、自分の嫌っているところを見つけては一つ一つ許していくという方法を取ってみてください。

例えば、自分を責める時に完璧にやりきれない甘さを責めたとします。
この時に、自分は自分の甘さを嫌っているわけですが、「そんな甘えがある自分を許す」という風に甘えのある自分を受け入れるということです。
そして、甘い自分でしばらく生活してみてください

すると、「甘い自分でもいいか」と一つ自分を許すことができ、甘い自分に関して自分責めをやめることができます。

自分責めをするたびに一つ一つ自分が嫌っているところを見つけ許していく作業を続けていくと、そんな遠くない未来に「自分は責めなくてもいいか」という気持ちになっています。
この許すということはとても強力なので、もし「自分責めをしない」と一気に自分責めをやめられない場合は一個一個嫌っている部分を許していってみてください。

3-2.自然に任せる

パワーを減らさない二つ目は自然に任せるということを意識してみてください。

ネガティブをポジティブにすることややりたくもないことを続けること、ずっと我慢をすることはとても不自然なことです。
この自然に逆らうことはとてもパワーを消費します。
確かに全部が全部、自分の素で自分の気持ちに従って生きることは難しいかもしれませんが、現代に生きる我々は不自然なことが圧倒的に多いです。

自分の本来の性格、自分が感じること考えること、なりゆきなど少し自然に任せてみてください
「こうしなけばいけない」と肩肘を張れば張るほどパワーは減るし、そこにある喜びや幸せにも気づきません。

自力を使って色々なものをコントロールしようとするのではなく、「それが自然だ」とそのままの流れに身を委ねてみてください
自然と自分自身にパワーが戻ってきます。

4.普段の生活を見直す

以上が自分のパワーをすり減らさない上でとても大事なことです。
そして、自分を責めることをやめてあらゆることを受け入れて自然に任せると心はとても軽くなります。
イメージとしては、普段何もしてない平常時の心の満たされ方が3段階上がり落ち込んでも自然と回復する時間が早くなるという感じです。

この状態は、目の前に嫌なことがあった時に頑張ってポジティブに切り替えるより、読んでいるあなたが求めている状態だと思うので、ぜひ実際に試してみてください。
特に、自分責めを辞めるだけでこの世界はとても生きやすく、生きることがイージーモードになります。

ここまでがメインで伝えたかった話で、ここからはポジティブでいるためのプラスαの情報になります。

ポジティブになりたいと思うのは、今ネガティブだからその気持ちを変えて気分よくいたいということだと思います。
しかし、気分やメンタルというのはその場で切り替えるものではなく、その前段階から始まっています

前段階から始まるとはどういうことかというと、普段の生活によってメンタルは作られるということです。
自分を責めないということも普段の生活に含まれますが、それ以外でも規則正しい生活や日光を浴びながら散歩など日々の生活が心地よい自分の気分を作ります。

というのも、私は自営業になってから明け方に寝て昼間に起きるという生活を続けていたのですが、とてもメンタルが崩れました。
不安をよく感じたり沈んだ気分になったりなど。
心理カウンセラーが沈んでいるというのは笑い話ですが、その原因は生活の乱れでした。

だから、今の気分をどうポジティブに変えるのかということではなく、その土台である日々の生活というところを見直してみてください

  • どんな自分も許す心のベースを作る
  • 朝起きて30分散歩をする
  • 睡眠の質を高める(寝る前のスマホをやめる、寝る2時間前にお風呂に入る)
  • バランスのよい食事を摂る(特にタンパク質)
  • 毎日お酒を飲まない

ストレスがかからない範囲でやってもらえたらと思います。
日々のポジティブ度、満たされ度が数段上がった状態を作ることができます。

5.まとめ

今回はポジティブになる方法について紹介しました。
メンタルオタクな私は色々試しましたが、大事なことは目の前の気分をどうするかということではありませんでした。

ネガティブをポジティブに変えられなかったし、ポジティブに変えた気になっても心のどこかで無理をしているということに気づいているんですよね。
そして、ネガティブを切り捨てようと頑張れば頑張るほどパワーを使って気分はどんどん沈んでいく。

そうではなくて、目の前のネガティブはネガティブで感じてください。
目を向けるべきはその土台にある心の状態であり日々の生活です

自分責めを辞めて自然に任せていたら自分の気分はどんどん上がっていくので、ぜひ土台を整えることを意識してみてください。

また、ネガティブについてネガティブ思考だから幸せになれないわけではないという話を、ネガティブ思考を改善しないまま幸せになる方法にまとめているので、気になった方はぜひご覧下さい。

Pocket
LINEで送る