プロフィール

Pocket
LINEで送る

心理カウンセラー丸岡謙仁

こんにちは、心理カウンセラーの丸岡謙仁です。

東京を中心に心理カウンセリングをしています。

心屋リセットカウンセリングの手法を使って、
悩みを生む根本原因を探り解消していくことによって、こころの底から根本的に楽になるお手伝いをしています。

現実を歪ませている「考え方の偏り」や「拗ね」「罪悪感」「不足感」等を解消することで、
現実の問題が解決していき、人生全体がリセットされていくのです。

かくいう私も「考え方の偏り」や「拗ね」が大いにありました。

今までの自分

能力が足りない、性格を変えたい、自信がない。
自分の「ない」ところにずっとフォーカスしていました。

そして、その「ない」部分を埋めようと必死に頑張っていました。
その頑張りのおかげで、色んなことができるようになりました。

しかし、できるようになっても終わりはありません。
さらにさらにと求めていたのです。

「まだまだこんな自分じゃダメだ」
「もっとできるようにならなきゃ認められない」
「弱い自分を変えなければ」

終わりのない苦しさを味わっていたのだと思います。
ずっと自分を責めていました。

また、こんなにやっているのに認めてくれないと傷つき、拗ねてもいました。
そして、「この痛みは誰にもわかるものか」「誰かにわかってたまるものか」と、
孤高の場所を目指し、どんどん孤独を感じていったのです。

優しくされてもその優しさを感じられず、
幸せということは頭で分かっていても、心は満たされず、
すごい自分になって、人から承認されることを渇望していたと思います。

そんな経緯もあり、小さい頃から自分の心を眺める癖が付いていました。

  • 何で今落ち着いていないのか
  • 何でさっき躊躇ったのか
  • あの時本当は何が言いたかったのか
  • この痛みから自分をどう守ったらいいのか

自分の心は今どういう状況にあり、どうしたら気持ちが楽になり、どうやって前を向けるようになるのか。
ずっとずっと自分の心と対話をしていました。

心屋リセットカウンセリングとの出会い

そんなときに心屋リセットカウンセリングに出会って、考え方が大きく変わりました。

欠けている自分ではダメだと自分を責めていましたが、
その欠けている自分でいいのだと思うことができたのです。

ダメな自分じゃいけないと思っているのは私一人でした。
凹みを埋めることや、ダメなところを隠すことを辞めたとき、
できる自分だから周りは認めてくれていたのではないと知ることができたのです。

ダメなところも、弱いところも、腹黒いところも、
すでに知ってくれていました。

その上で付き合ってくれていたのです。
自分を責めて一人になっていたのは完全なる一人相撲でした。

そして、一番に感じたことは、周りに対する感謝でした。
何かを身につけなくても、自分を変えなくても、最初から自分のことを認めてくれていました。
そう、何を持っていなくても、満たされた気持ちで人生を楽しむことができたのです。

こうして、ずっと続いていた自分責め、自己否定から抜け出すことができたのです。

カウンセラーをはじめた理由

そして、そのままカウンセラーとして活動していきたいと思いました。
それは、私が物心付いてからずっと心のことを重要視してきたからです。

どれだけ恵まれていても、どれだけ能力があっても、どれだけ自由な状況にあっても、
恵まれていないと思い、無能だと自覚し、息苦しいと感じていたら、その状況は苦しいのです。
つまり、外の環境は関係なく、それを感じ取る”こころ”が自分の充足感を決めていくと早い段階から気づいていました。

幸せや不幸、楽しさや苦しさ、その全てを司る”こころ”に携わることを私はとても大きなことだと感じています。
そして、”こころ”を楽に自由に幸せにする手法があることにとてもワクワクとした思いを抱いています。

また、悩む時間も大事だと思っていますが、悩んでばかりでは人生を楽しむことができないのではないでしょうか?
「いつまでも悩んでいなくていい」「悩みはもう終わらせていい」のです。

私が自分を責める苦しさを終わらせ、楽しさや充実した気持ちを感じているのと同じように、
悩みというグルグルとした苦しい時間ではなく、楽しさ・充実という時間が増えたらいいと思っています。
それは人という単位でもそうですが、世の中という単位でも楽しさという時間の総和が増えたらいいなと思っています。

心理カウンセラー丸岡謙仁にできること

ですので、話を聞くだけで話している間だけは楽になるというカウンセリングではなく、
「悩みの根本原因」や「考え方の癖」という根っこからアプローチするカウンセリングを行っています。
(カウンセリングの具体的な内容については、カウンセリングの概要をご参照ください。)

悩みは、目の前の問題によって発生すると感じるかもしれませんが、
目の前の問題は”結果”であり、問題を誘引する根本原因や考え方の癖という”原因”が必ず存在します。
そのクライアントの方も気づいていない根本原因にアプローチしていくのです。

そして、カウンセリングで根本原因を見つける中で、「何でわかるんですか?」と言われることもよくありますが、結構難なく見つかります。
それは、今まで私が自分の心の中をずっと見てきたからです。

  • イライラしたとき、心の奥ではどう感情が動いているのか
  • あの躊躇いは何が怖かったのか
  • 弱い自分をどう守って、どう冒険させたらいいのか

そんな今までの心との対話(経験)から簡単に見えてきます。
これは、カウンセリング手法や説明についてもそうなのですが、
必ず自分の中を通して実感があったものだけを採用しています。

どこかで聞きかじった言葉だけの話をすることはありません。
そんな無責任なことはないと思っているし、私の言葉の純度が下がると感じています。

私が一生かけて楽になってきた検証済みのものだから、
楽になるのは当たり前だと思っているし、
自分の中を通しているからこそ伝わるのだと思っています。

「こころにまるを」ブログの分かりやすさも、今までの心との対話と私自身の中を通した実感からきているのだと思います。

「こころ」と、そして「ことば」を大事にしています。

これからどうしていきたいか

そして、これからのことについてですが、
一般的にカウンセリングというと「実体がよくわからないもの」という印象があるのではないでしょうか?
そのため、「悩んで苦しくても自分で何とかしなくては」「悩んでいることが恥ずかしい」という話も耳にします。

そう言った「よくわからない」「難しい」とされている心のことや悩みの仕組みを分かりやすく紐解いていくことによって、
カウンセリングで何をしているのかを知ってもらい、カウンセリングが身近な世の中になったらいいなと思っています。

このサイトで掲載している記事についても、心の仕組みに触れながら、何をするとなぜ心が楽になっていくかを明確に記載しています。

それは、「悩んでいても相談できない」と考えている方に対して記事を読むことで悩みを解消してもらえたらという思いと、
“こころ”や”カウンセリング”について理解してもらうことによって、その存在をより身近に感じてもらえたらという思いからきています。

悩んで苦しんで一人ぼっちという孤独の闇に吸い込まれていくのではなく、
「なんかしんどいからちょっとカウンセリング受けにいこうかな」
「ちょっとこれに挑戦してみたいから、心のブレーキを外しておこうかな」
という感覚が定着したら、世の中が幸せなのではないかと思っています。

また、カウンセリングやセミナー、カウンセリングスクールなどを通して出会えた方と、
人生を自由に楽しく充実して生きる「仲間」になっていったらいいなと思っています。

それは、カウンセリングスクールに参加された方と、カウンセラーの活動を一緒にしていくこともそうですが、
カウンセラーにならなくても、日々の生活を自由に楽しく生きることで、
「あんなに自由に生きていいのだ」「自分も楽しんでもいいのだ」という思いを人に感じてもらうということで実現していきたいと考えています。

自由に楽しく生きる姿は、人に自由に楽しく生きることを許可します。

まず私自身が自分の人生を思いっきり楽しみ、その輪がどんどん伝播して楽しいことで盛り上がっていけたら最高に面白いなと思っています。
そんなこれからを想像してワクワクしています。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
引き続き、「こころにまるを」をよろしくお願いいたします。

自己紹介

<名前>
丸岡謙仁(まるおかけんじ)

<ニックネーム>
まる

<活動地域>
東京

<資格>
心屋リセットカウンセリングマスター
高校学校教員(社会)免許

<略歴>
2007年04月IT企業に入社。7年5ヶ月働き退職
2014年11月心理カウンセラーとして起業

<日常のあれこれ>
アメブロに書いてます。
毎日更新!!を目指してます笑

<LINE@やってます>
LINEでも楽に幸せに生活するコツを、一言コメントで発信しています。
友達追加もよろしくお願いします。
友だち追加

Pocket
LINEで送る